読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mercari Engineering Blog

We're the software engineers behind Mercari. Check out our blog to see the tech that powers our marketplace.

Google I/O 注目のAndroidセッション Day1

Androidエンジニアの @mhidaka です。 今回はGoogle I/O 2017の会場よりおすすめのAndroidセッションを紹介します。

f:id:hdk_embedded:20170519024132j:plain

Google I/Oは毎年5月に開催されるGoogleの開発者向けカンファレンスです。 今後の技術動向を示すキーノートや、AndroidやTensorFlow、Webテクノロジ、GCP、Firebaseなど数多くのセッションがあります(総数は150以上!)。

events.google.com

セッション数はAndroidだけでも50を超えるので、現地よりおすすめのセッションとちょっとした概要を紹介します。 ビデオはYouTubeで公開されているので、気になるセッションがあればぜひ見てください。

f:id:hdk_embedded:20170518101126j:plain

What’s new in Android

www.youtube.com What’s new in AndroidではAndroid Oと開発環境について概要を知れます。UI ToolkitでLeadをしているChet Haase、グラフィッスチームのRomain Guy、System UIチームのDan Sandlerの3人がマルチウィンドウやダウンロード可能なフォント、アダプティプアイコンなど最新情報を解説してくれます。最新バージョンについて手軽に情報を収集する良いセッションです。

Architecture Components - Introduction

www.youtube.com Architecture ComponentsはGoogle I/O 2017で発表されたSupport Libraryです。ActivityやFragmentはモバイル端末に特化したライフサイクルを持っており、アプリの状態にあわせてコードを書いていく…というスタイルはAndroid開発者にとってはおなじみとも言えます。しかし複数のFragmentの連携などを考慮しだすとライフサイクルが複雑に絡み合い、メモリリークやデータ保存の失敗など制御の難しさが目立ちました。 Architecutre ComponentsはActivityとFragmentを対象としており、これらライフサイクルのハンドリングを手助けしてくれます。流行のリアクティブプログラミングも取り入れており、シンプルにコードが書けるよう考えられています。Activityのリスナーやデータの保持など操作しやすくなる効果が期待できるSupport Libraryです。

Powering commerce online and in-store with Google payments

www.youtube.com Google paymentsによるオンライン決済やGoogle I/Oで発表された個人間送金機能など紹介しています。このセッションの内容は基本的にはAndroid Payなどアメリカでの利用が前提となっているので日本で今すぐ使える!というわけではありません。アプリ上での決済の難しさは誰もが感じるところだと思いますが、どのようなアプローチで解決しようとしているかが注目です。また途中にGoogle Homeと連携して音声コマンドで送金するデモがあり、未来を感じるセッションです。

Background Check and other insights into the evolution of the Android Operating System Framework

www.youtube.com Android Oからはバックグラウンド実行に制限がはいります。このセッションではフレームワークの変更がどのようにアプリケーションに影響するか、変更点を解説してくれるので概要を知るのに最適です。今後はJobSchedulerがメインとなっていきますが、アプリを対応させていくのにも苦労があります。バックグラウンド制限に対応する手段を知れます。

ExoPlayer: Flexible Media Playback for Android

www.youtube.com 数ある機能の中でも動画再生は複雑な部類です。ExoPlayerはMediaPlayerに変わる新しいフレームワークで、このセッションではどのように動作するか、わかりやすいスライドで紹介しています。動画の知識が要求されるのですべての開発者におすすめというわけではありませんが、動画を扱うときには役に立つ情報が満載です。

ここまでDay1のAndroidセッションから5つの注目セッションを紹介しました。これら以外のセッションも随時Android Developersチャンネルで公開されています。

気になるセッションをチェックしてみてはいかがでしょうか。またメルカリでは5月26日に報告会を開催します。

connpass.com

報告会ではAndroidだけではなくWebやGoogle AssistantなどI/Oで紹介された最新技術を中心に解説していきます。難しくならないように体験を交えながら様子を伝えられればと考えています:)