Mercari Engineering Blog

We're the software engineers behind Mercari. Check out our blog to see the tech that powers our marketplace.

SwiftのWebAssembly対応の進捗

こんにちは、メルペイエキスパートチームインターンの@kateinoigakukunです。

本記事では私がインターンの中で開発しているSwift言語のWebAssembly対応について紹介します。

f:id:kateinoigaku:20200407115931p:plain

背景

メルペイでは「技術をアウトプットするところに技術は集まる」という思いから、 稼働の50%以上を技術コミュニティへの貢献や技術の普及に取り組むエキスパートチームが存在します。

私は主にSwiftコミュニティへの技術的な貢献に注力しています。特に去年の10月頃からSwiftのWebAssemblyサポートを進めています。

WebAssemblyはブラウザで実行可能なバイナリ形式として開発されている低級言語です。またブラウザ以外の環境でも実行できるポータブルな形式としても設計されており、活用できる用途は多岐にわたります。

Swiftは教育の現場でも取り扱われるケースが増えてきており、注目されている言語の一つです。

これは個人的な見解ですが、既にiOSやmacOSプラットフォームでフロントエンドのアプリケーション層の実績があるSwiftは、Webアプリケーション開発にもフィットするのではないかと考えています。そのため、WebAssemblyに対応し、SwiftによるWebアプリケーション開発が実現できれば、エコシステム次第で新たなWeb開発の選択肢になりうると考えています。

また、他のモダンな言語に比べて扱えるプラットフォームが少ない、という課題があるSwiftですが、ポータブルな形式であるWebAssemblyに対応することで、OSやCPUアーキテクチャを問わず様々な環境で実行できるようになります。

Swiftが活躍できる環境を増やしていくことで、初学者がSwift PlaygroundでSwiftを学んだ後の次のステップの選択肢が増えると良いな、という思いでSwiftのWebAssembly対応を進めています。

続きを読む

機械学習とHuman-in-the-Loopで優勝する違反検知の話

こんにちは。AIチーム所属ソフトウェアエンジニアの@shidoです。

機械学習は様々なサービスの中で強力な武器となりますが、データパイプラインの構築や学習のための計算リソースの確保など、リーズナブルにシステムに組み込むには機械学習特有の困難を克服しなければなりません。

またその困難は機械学習の応用先によっても様々だと思っています。今回の記事ではデータパイプラインの構築に「Human-in-the-Loop (HITL)」と呼ばれる機構を違反出品検知のための機械学習システムへ取り入れた実例と、この仕組みについての考察をお話します。

続きを読む

【公開期間延長 7/31まで】「プログラミング言語Go完全入門」の期間限定公開のお知らせ

メルペイ エキスパートチームの@tenntennです。

メルペイでは、社外の方向けにGopher道場という体系的にGoを学べる場を無償で提供してきました。Goの普及を目的にこれまでに7回開催し100人以上の方に参加していただきました。

自社でもGoを基幹技術として使っている背景があり、今後もGoコミュニティへの貢献は継続していきます。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえて直近のGopher道場開催を見合わせています。

Goを学ぶ場を提供することでGoに触れる方を増やしたいと考えている筆者にとっては、 開催できないことが非常に残念です。そこでエキスパートチームでは違う形で学ぶ場を提供できないかと考え、Gopher道場で使用している資料のベースになっている「プログラミング言語Go完全入門」を期間限定で公開することにしました。

-- 追記 5/22 -- もう少し公開していて欲しいという声があったことと、「12. テキスト処理」と「13. リフレクション」の2章を追加したため、公開期間を2ヶ月延長し、2020年7月31日まで公開することにしました。 -- 追記ここまで --

続きを読む

リモートワークも支えるWIASの半年間の技術的進化

f:id:bobchan1915:20200227060056p:plain
WIASのシステムの様子

こんにちは、メルペイSREチームのkekeです。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、先週から株式会社メルカリ(以下、メルカリ)では原則として在宅勤務(リモートワーク)が導入されています。そのため、私も含めて多くの社員が自宅で業務を行っています。

以前、社内で使われているWi-Fi勤怠打刻サービスWIASについて紹介させていただきました。その投稿ではサーバーレスアーキテクチャの採用や保守・運用の話を中心にしました。

本記事では、今回のリモートワーク化でのWIASの活躍とこの半年間のWIASの技術的進化を取り上げたいと思います。

続きを読む