読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mercari Engineering Blog

We're the software engineers behind Mercari. Check out our blog to see the tech that powers our marketplace.

プログラマーの三大美徳 その2

SREチームの@shmorimoです。今日はプログラマーの三大美徳の続きのお話しです。

プログラマーの三大美徳 その2

みなさんはプログラマーの三大美徳ってご存知ですか? プログラミング言語Perlの作者である Larry Wall が
http://www.perl.com/pub/1998/08/show/onion.html
で述べたのが最初とされています。

三大美徳として

  • 怠惰(laziness)
  • 短気(impatience)
  • 傲慢(hubris)

があげられています。

怠惰(laziness)については、以前にこちらの記事でお話しました。

tech.mercari.com

今回は 短気(impatience) についてです。

短気(impatience)

優秀なプログラマーが持っている怠惰という美徳は素晴らしいのですが、その反面というか怠惰さゆえに腰が重いときがあります。
そこで短気な面をうまく刺激することでプロジェクトを円滑に進めることが可能です。

メルカリでの例

みなさんもCIにてテストを動かしていると思いますが、まれにmaster branchのテストが落ちてしまうことはありませんか?
直前にマージした人などは反応してくれるのですが、もっとみんなに反応してもらいたいと思いました。
そこで CI のメッセージを変更してみました。

f:id:shmorimo001:20170329153935p:plain

短気なフレンズが反応してくれました。 すごーい。
このようなメッセージを出すことでプログラマーをイラっとさせ、すみやかに落ちたテストに対応してもらえます。

ちなみに以前は以下のメッセージでしたが、新鮮味が薄れたのでフレンズなメッセージにしてみたのです。

f:id:shmorimo001:20170329153940p:plain

フレンズなメッセージはイラっとしすぎるとの意見があったので、数日前から下のメッセージに変更しております。
こちらもなかなかの反応ぐあいです。

f:id:shmorimo001:20170329153931p:plain

メルカリでは イラっとする英語考えるスキル高いエンジニアを募集中です。

www.mercari.com